事務所ブログ

2016年12月13日 火曜日

未了の修理費の請求

 柏の弁護士の山田です。

 交通事故の物損事故で車両の修理費を請求する場面で、不法行為に基づく損害賠償として、修理が未了で今後修理をする可能性がない場合も修理相当額の請求は可能でしょうか。

 この点について、現実に損害を受けている以上、損害は発生しているとして、今後の修理の可能性もない場合でも修理費相当額の請求が可能とされており、実際、交通事故を含む損害賠償実務で利用されている「赤い本」には、その旨を判示した裁判例(大阪地判平成10年2月24日)が掲載されています。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 山田智明弁護士

アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒277-0021
千葉県柏市中央町2-32
太康ビル4階B室

ホームページを見たとお伝えください
【電話番号】
04-7197-5011

【受付時間】
9:00~21:00

お問い合わせ 詳しくはこちら