事務所ブログ

2015年5月10日 日曜日

有期雇用契約の黙示の更新について

 柏の弁護士の山田智明です。

 以前の記事にも記載しましたが,期間の定めのある労働契約があり,期間満了後も,継続雇用されている場合,同一の条件と推定されるとされています。http://www.kashiwadaiichi-lawoffice.com/blog/2013/06/post-13-548459.html

 この場合の期間については,学説上,従前の期間という説と無期限という説があり,裁判例も分かれおり最高裁の判例はないとされています。前者は,「同一の条件」という文言に合致していますし,後者は,民法627条の解約の規定によるとされていることから,無期限の契約に変わるという考えです。民法の債権法改正案では,この点については何ら触れられておらず,この論点については,引き続き,解釈で解決すべき問題ということになりそうです。


このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 山田智明弁護士

アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒277-0021
千葉県柏市中央町2-32
太康ビル4階B室

ホームページを見たとお伝えください
【電話番号】
04-7197-5011

【受付時間】
9:00~21:00

お問い合わせ 詳しくはこちら