事務所ブログ

2013年9月30日 月曜日

未払賃金立替制度

 柏の弁護士の山田智明です。

 先日、弁護士会で未払賃金立替制度についての研修があり、出席をしました。

 未払賃金立替制度というのは、昭和51年から始まった制度で、倒産によって賃金や退職金が支払われないまま退職した労働者に国が事業主に代わって、未払賃金の8割を立替払いをする制度のことです。

 近時、未払賃金立替制度を悪用した詐欺事件があったこともあり、破産手続きに申立代理人や管財人して関わる弁護士としては、この制度を理解し、立替払いの要件を満たすか否か、計算に間違いがないか等を客観的な資料等に照らして判断することの重要性を改めて認識しました。
 特に、労働事件でも問題となる労働者性の判断は、規範点な判断になるので、微妙な事案では、難しい判断を迫られることになると思いました。

 また、立替金の具体的な計算方法や立替払後の充当関係は、かなり複雑ですが、間違いがないかどうかをよく確認をする必要性を痛感しました。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 山田智明弁護士

アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒277-0021
千葉県柏市中央町2-32
太康ビル4階B室

ホームページを見たとお伝えください
【電話番号】
04-7197-5011

【受付時間】
9:00~21:00

お問い合わせ 詳しくはこちら