事務所ブログ

2013年9月17日 火曜日

三審制

 柏の弁護士の山田智明です。
 日本の裁判は、三審制といわれています。確かに、訴訟手続法の上では、三審制がとられています。
 しかし、一般的に、上訴して逆転判決を得ることは難しいのが実情です。特に、上告(二審判決に対する不服申立て)によって結論が変わる割合は、ほぼ皆無と言われています。控訴(一審判決に対する不服申立て)の場合も、逆転判決は、2割以下というのが実情です。

 審理についても、一審がもっとも充実した審理(一般的な争いのある事案では、1ヶ月に1回程度の審理で、1年程度)が行われるのに対し、控訴審は1回で結審するのが大半で、上告審は、書面審理であり、通常は口頭弁論は開かれません。

 また、上告をする場合の上告理由は、基本的には、憲法違反や判例違反という法律問題に限られているため、事実認定の不当性については、原則として、取り上げてもらえません。

 以上のとおり、裁判では、一審の段階で、良い結果を得るのが重要であり、控訴審、上告審となるに従い、結論を覆すハードルは高くなります。

 最高裁に上告・上告受理申立ての手続きをした弁護士は多くいますが、最高裁で弁論を行った経験のある弁護士は、あまりいないのが実情です。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 山田智明弁護士

アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒277-0021
千葉県柏市中央町2-32
太康ビル4階B室

ホームページを見たとお伝えください
【電話番号】
04-7197-5011

【受付時間】
9:00~21:00

お問い合わせ 詳しくはこちら