事務所ブログ

2013年7月16日 火曜日

自動車による人身事故の民事上の責任

 柏の弁護士の山田智明です。

 みなさん,今日は,自動車による人身事故の民事上の責任について,お話ししたいと思います。
 自らが所有している自動車を第三者に貸与する場合、第三者が人身事故をおこした場合、貸与した所有者も、自動車損害賠償保障法により,民事上の損賠賠償責任(実質的な無過失責任)をおうことになります(なお,物損事故の場合には,運転者のみが不法行為責任を負い,貸与した所有者が損賠賠償責任を負うことは通常ありません。)。この場合、損害を填補するのが,強制保険の自賠責保険になります。
 しかし、自賠責の限度額(後遺症1級で4000万円,後遺症2級,死亡で3000万円など)を越える損害については、任意保険に加入していない限り,自己負担をしなければならないことになります。
 注意しなければならないのは、任意保険に加入している場合でも,運転者限定がふされ、運転者がこの条件を満たさない場合には,任意保険から支払われることはなく,自己負担しなければならない点です。任意保険に加入する際は,その条件を慎重に検討しましょう。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 山田智明弁護士

アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒277-0021
千葉県柏市中央町2-32
太康ビル4階B室

ホームページを見たとお伝えください
【電話番号】
04-7197-5011

【受付時間】
9:00~21:00

お問い合わせ 詳しくはこちら