事務所ブログ

2013年7月10日 水曜日

名ばかり取締役の労災認定

 柏の弁護士の山田智明です。

 最近,名ばかり取締役の過労死の事案で労災認定が認められたというニュースがありました。

 労災は,通常,取締役などの会社役員には認められません。しかし,中小企業では,実態は労働者であるのに,名義貸しをしている「名ばかり取締役」も少なくなく形式ではなく実態に即して労働者か否かを判断すべきです。今回の事案は,労働者としての実態が認められて,労災認定につながったようですが,中には,判断が難しい事案もありそうです。

 判断をする際の要素としては,雇用保険の加入の有無,取締役の報酬や金額、就任した経緯,従事していた業務内容,経営への関与の有無等になるのではないでしょうか。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 山田智明弁護士

アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒277-0021
千葉県柏市中央町2-32
太康ビル4階B室

ホームページを見たとお伝えください
【電話番号】
04-7197-5011

【受付時間】
9:00~21:00

お問い合わせ 詳しくはこちら